ksaitoの日記

日々試したことの覚え書き

zabbix

サーバの監視にNagiosを使ってきましたが、zabbixに乗り換えます。
zabbixは、サーバ、Webインタフェース、エージェントで構成されており、それぞれaptパッケージがあるのでDebian/Ubuntuへの導入は簡単です。
特別な設定なしに、ユーザのロケールを設定するとUIは、日本語表示になりました。
まだ、使い方に慣れていませんが、Nagiosのようにサーバや監視項目をグループ化して設定をすることができそうです。
Nagiosとの大きな違いは、これらをWebインタフェースから設定できるということです。
また、ディスカバリの機能もあり、設定したIPアドレスの範囲でzabbixのエージェントなど特定のサーバを探して、状態によって監視対象への追加をしてくれそうな雰囲気です。

インストール

zabbix-server-[データベース]パッケージがいくつかありmysql, postgresqlから選択できます。
Webインタフェースは、zabbix-frontend-phpパッケージです。

$ sudo apt-get install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php
$

設定

デフォルトのままだと、Webインタフェースの画面でphp5のdate.timezoneが設定されていないと警告されます。
下記のファイル修正とapacheの再起動で警告はなくなります。

$ sudo bzr diff
=== modified file 'php5/apache2/php.ini'
--- php5/apache2/php.ini	2010-03-13 03:49:12 +0000
+++ php5/apache2/php.ini	2010-03-13 13:56:01 +0000
@@ -625,7 +625,7 @@
 
 [Date]
 ; Defines the default timezone used by the date functions
-;date.timezone =
+date.timezone = Asia/Tokyo
 
 ;date.default_latitude = 31.7667
 ;date.default_longitude = 35.2333

$ 

あとは、Webインタフェースで設定するだけですが、少し慣れる時間が必要です。