ksaitoの日記

日々試したことの覚え書き

iPhone OS 3.0の使い心地

しばらく使ってみて気がついたこと

CalDAVは、思っていたより便利

Googla Calendarとの同期やiCalで公開されているカレンダーの取り込むことで、すべてのカレンダーを手元で参照できる。

日本語入力が素早くなったと感じたのは最初だけ

体感でiPhone OS 2.1のときの遅さに戻るときがある。

Wi-Fiへ自動ログインの機能は、日本では未対応...

”インターネットテザリングWi-Fiへ自動ログインの機能は、日本では対応しておりません。”
ソフトバンクのサイトに書かれていました。
http://mb.softbank.jp/mb/iphone/os3/

テザリングは、NetShareで話題になった、iPhoneを通信カードとして利用するソフトウェアです。
テザリング未対応は、仕方ないにしてもWi-Fiへ自動ログインは、対応して欲しかったです。
前にも書きましたが、ソフトバンクの公衆無線LANは、iPhoneユーザが無料で利用できます。
でも、このサービス全く利用していません。
Safariでログインする必要があるのでメールを使っている場合は、無線LANアクセスポイントが利用できるエリアに入るとメールサーバとの通信ができなくなります。
Safariでログインを求められても電車に乗っている場合には、ID/パスワードを入力している間に電車が発車してエリアを出てしまいます。(これが結構情けないです。)

メールは、微妙

メールに添付されたURLをタッチしてSafariを呼び出すことが多く、Safariは横画面で見ることが多いのでメールの横画面は結構便利だす。
メール本文のURLがハイパーリンクの青文字になるのにとても時間がかかるようになったような...
たまに、妙に小さいフォントで表示されてしまうことがあります。
それとSafariから戻ったときに必ずメールの先頭に移動してしまうのも、ちょっと使いづらい。
できればSafariに移動したときにSafariの戻るボタンでメールに戻って欲しいところです。