読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ksaitoの日記

日々試したことの覚え書き

makeのオプション

ストアドプロシージャのコンパイルなどファイルとしてオブジェクトができないものをmakeでビルドする時によく使うオプションです。

エラーが起きてもできる限り実行を継続する。

-kは、コンパイルエラーが起こっても依存関係のないビルドを継続します。

同じようなオプションでエラーを無視する-iがありますが、jenkinsを使って自動化する場合、-iだと終了ステータスは常に正常終了なので、コンパイルエラーを検知できません。

-kがお勧めです。

強制的にビルドする。

-Bオプションをつけると強制的にコンパイルを行います。

コンパイルを実行したことにする。

-tオプションをつけるとターゲットをtouchします。 makeコマンドは、すべてのターゲットがコンパイル済みと勘違いします。