ksaitoの日記

日々試したことの覚え書き

Ubuntu 12.10のZabbixアップグレード

Ubuntu 12.04では、Zabbix 1.8が提供されていました。
12.10にアップグレードするとZabbix 2.0.2が使えるようになります。
Zabbix 1.8からアップグレードしました。

Ubuntu 12.04から12.10へのアップグレード

アップグレードは、コマンド一つで少し時間がかかります。
Promptがnormal以外に設定されていたらnormalに修正してから実行します。

$ grep Prompt /etc/update-manager/release-upgrades
Prompt=normal
$ sudo do-release-upgrade 
$

Zabbixデータベースのアップグレード

aptパッケージに含まれているアップグレード用のSQLを使います。
ドキュメンtのによるとMySQLのthread_stackが256Kより小さいとアップグレードに失敗してデータベースを壊すおそれがあるようです。
下記の設定に変更してMySQLを再起動します。

$ grep thread_stack /etc/mysql/my.cnf
thread_stack		= 256K
$ sudo service mysql restart
mysql stop/waiting
mysql start/running, process 3581
$ 

アップグレードの前にバックアップすべきですが、仮想マシンのスナップショットがとってあるので、そのままアップグレードします。

$ dpkg -L zabbix-server-mysql | grep patch.sql
/usr/share/zabbix-server-mysql/patch.sql.gz
$ echo START TRANSACTION\; "$(zcat /usr/share/zabbix-server-mysql/patch.sql.gz)"\; COMMIT\; | mysql -u zabbix -p zabbix
Enter password: 
$

Zabbixの設定

ブラウザでhttp://サーバ/zabbix/にアクセスするとZabbixインストール画面が出てきます。
インストールに必要な設定が表示されます。

必要な設定をします。

$ sudo vi /etc/php5/apache2/php.ini
$ sudo bzr diff php.ini | grep \^[+-]
--- php5/apache2/php.ini	2012-07-02 13:31:51 +0000
+++ php5/apache2/php.ini	2012-10-27 10:57:49 +0000
-max_execution_time = 30
+max_execution_time = 300
-max_input_time = 60
+max_input_time = 300
-post_max_size = 8M
+post_max_size = 16M
-;date.timezone =
+date.timezone = Asia/Tokyo
$ 

設定がすべてOKになると/etc/zabbixに配置する設定ファイルをダウンロードすることができます。
ダウンロードしたzabbix.conf.phpを/etc/zabbixにコピーして

$ ls /etc/zabbix/zabbix.conf.php 
/etc/zabbix/zabbix.conf.php
$ sudo chown www-data:www-data zabbix.conf.php 
$ sudo chown go-r zabbix.conf.php 
$

これでZabbixにアクセスできるようになりました。

Zabbix serverの設定

アップグレード直後は、Zabbix serverが起動し内容になっています。

$ sudo /etc/init.d/zabbix-server start
 * zabbix_server is disabled in /etc/default/zabbix-server.
$

/etc/default/zabbixのSTART=noをSTART=yesにすると起動できるようになります。

$ grep START /etc/default/zabbix-server 
START=yes
$ sudo /etc/init.d/zabbix-server start
$

パンくずリストの文字化け

パンくずリストが???に文字化けしています。

ま、いっか