ksaitoの日記

日々試したことの覚え書き

zabbix-agentのバージョンアップ

Windowsでzabbix-agentをバージョンアップしました。
基本的には、Windowsサービスから旧バージョンを削除して再登録です。

旧バージョンの停止とサービスのアンインストール

--stopオプションでサービス停止、-dオプションでサービスの削除ができます。

C:\bin\zabbix_agents_1.8.5.win\win32>zabbix_agentd.exe --stop -c \bin\zabbix\etc\zabbix_agentd.conf
zabbix_agentd.exe [6448]: Service "Zabbix Agent" stopped successfully.
 
C:\bin\zabbix_agents_1.8.5.win\win32>zabbix_agentd.exe -d -c \bin\zabbix\etc\zabbix_agentd.conf
zabbix_agentd.exe [2116]: Service "Zabbix Agent" uninstalled successfully
zabbix_agentd.exe [2116]: Event source "Zabbix Agent" uninstalled successfully.
 
C:\bin\zabbix_agents_1.8.5.win\win32>

新バージョンのインストールと起動

新しいバージョンの-iオプションでサービスを登録します。

C:\bin\zabbix_agents_2.0.0.win\bin\win32>zabbix_agentd.exe -i -c \bin\zabbix\etc\zabbix_agentd.conf
zabbix_agentd.exe [2384]: service [Zabbix Agent] installed successfully
zabbix_agentd.exe [2384]: event source [Zabbix Agent] installed successfully
 
C:\bin\zabbix_agents_2.0.0.win\bin\win32>

--startオプションで起動もできますが、確認がてらコントロールパネルから起動します。

ファイアウォールの設定

Windowsファイアウォールの設定をしないと基本的に繋がりません。
Windows7の場合の設定方法です。(他のバージョンでもだいたい同じ感じです)

Windowsファイアウォールの設定(Windows7

  • コントロールパネル−システムとセキュリティ−Windowsファイアウォール−詳細設定
  • 受信側の規則
  • 操作−新しい規則…
    • 規則の種類:”ポート”を選択する。
    • プロトコルおよびポート: “TCP”を選択する。“特定のローカルポート”に10050-10051を入力する。
    • 操作:”接続を許可する”を選択する。
    • プロファイル:”ドメイン”のみチェックする。
    • 名前:zabbix agentを入力する。

動作確認

zabbixサーバ側から下記のコマンドで確認します。

$ zabbix-get -s サーバ名 -k agent.version

エージェントのバージョンが表示されればOKです。