ksaitoの日記

日々試したことの覚え書き

Ubuntu 11.10から12.04にアップグレード(その2)

インストール後にapt-get autoremoveを実行しているようです。
autoremoveは、依存関係から不要と判断されたパッケージを自動的に削除してくれる便利な機能ですが、明示的にインストールしていないパッケージは、削除対象としてしまうようです。
最初にアップグレードした時には、zabbix-server-mysqlmysql-server-5.5が削除対象となっていました。(redmineパッケージで致命的なエラーになった原因もMySQLが削除されてしまったからかもしれません。あとで気が付きましたがopen-jdkも削除されていました。)
インストール済みのzabbix-server-mysqlを明示的にインストールするとautoremoveで削除対象とならずに、無事アップグレードすることができました。

アップグレード

Ubuntu 11.10の最新版からバージョンアップされているパッケージは以下のと通りでした。

パッケージ Ubuntu 11.10 Ubuntu 12.04
Linux 3.0.0-19-server 3.2.0-24-generic
Apache2 2.2.20 2.2.22
Zabbix Server/Agent 1.8.5 1.8.11
redmine 1.1.3-4 1.3.2