ksaitoの日記

日々試したことの覚え書き

Ubuntuの日本語環境設定

UbuntuのJapanese Termが日本語環境をメンテナンスしてくれています。
オリジナルのUbuntuからJapanese Termの日本語環境を使う方法がここに記載されています。
JavaX WindowベースのGUIアプリケーションは、そのままでは日本語表示できます。
MacBookからリモートのUbuntu Server 9.10にインストールしたVirtualBox-oseを使うことができるようになりました。

Japanese Termのリポジトリ追加

手順に従いリポジトリを追加します。

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
OK
$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
OK
$ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/karmic.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
--2010-02-27 12:12:06--  https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/karmic.list
www.ubuntulinux.jp をDNSに問いあわせています... 64.79.199.135
www.ubuntulinux.jp|64.79.199.135|:443 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 393 [application/octet-stream]
`/etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list' に保存中

100%[======================================>] 393         --.-K/s   時間 0s    

2010-02-27 12:12:07 (10.7 MB/s) - `/etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list' へ保存完了 [393/393]

$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude safe-upgrade
$

IPAフォントをインストール

IPAモナーフォントのパッケージをインストールします。
これで、X WindowGUIアプリの日本語表示が文字化けしなくなりました。

$ sudo aptitude install ipamonafont 
$