ksaitoの日記

日々試したことの覚え書き

sshポートフォワードでX Windowを使う

OpenSolarisUbuntuMac OS XX WindowでリモートからGUIツールを使うときは、sshポーとフォワードが便利です。

リモートサーバの設定

GUIツールが動くサーバのX Windowの設定は2カ所です。
Ubuntu Serverは、デフォルトで設定されているので設定不要です。

$ grep X11 /etc/ssh/sshd_config 
X11Forwarding yes
X11DisplayOffset 10
$

クライアント側の設定

クライアントは、2カ所です。
Hostにサーバ名でアクセス制御ができます。

$ egrep "^Host|X11" /etc/ssh_config 
Host *
   ForwardX11 yes
#   ForwardX11 no
$

GUIツールの起動

サーバにsshでログインしてXアプリを起動するとサーバで起動したGUI画面がクライアントに表示されます。
やっぱりsshって便利です。
MacBookVirtualBox上のOpenSolarisで起動したGUIツールsshポートフォアードでMacBookに表示したGUIツールを並べてみました。
X Windowのフォント設定が必要ですね。