ksaitoの日記

日々試したことの覚え書き

VirtualboxへのゲストOSインストール

Ubuntu 8.04のVirtualboxにいくつかゲストOSをインストールしてみました。

Debian 3.1(etch) 成功

Debian 3.1(etch)は、ネットワークインストールCDから問題なくインストール完了

Debian 3.0(woody) 失敗

Debian 3.0(woody)は、ネットワークインストールCDがなくDVDのISOイメージで試しましたが、インストール中にエラーが発生して失敗

Ubuntu 8.04 Desktop マウスを認識しない

Ubuntu 8.04 Desktopは、ローカライズCDを使ってインストールしました。インストーラ起動時点からマウスを認識しないので、キーボード操作のみでインストールを完了、デスクトップが立ち上がってもマウスは認識しないままでした。

Ubuntu 8.04 Server 成功

Ubuntu 8.04 Serverは、インストール後に再起動するとエラーになります。
既知の問題なので、報告されている対応方法で起動させることができました。

Ubuntu 8.04 ServerがVirtualbox上で動かない問題

既知のバグとして報告されていました。
インストール後に起動すると下記のようなエラーメッセージが出ます。

The kernel requires the following features not present on the CPU
0:6
Unable to boot - please use a kernel appropriate for your CPU

バグ報告にある方法を試してみる

レスキューモードでシェルを起動

Ubuntu ServerのインストールCDでブート
”壊れたシステムを修復"メニューを選択してレスキューモードで起動します。
"インストーラ環境内でシェルを実行"メニューを選択するとシェルが起動します。

linux-genericのインストール

下記の一連のコマンドを実行してカーネルインストールします。

~ # chroot /target
# bash
root@ubuntu804:/# aptitude update
root@ubuntu804:/# aptitude install linux-generic
root@ubuntu804:/# 
grubの設定変更

インストールしたカーネルを起動するようにgrubの設定を変更します。
具体的な変更箇所は、/boot/grub/menu.lstのdefaultを"0"から"2"です。
修正が終わったらゲストOSを再起動すると添付のスクリーンショットの通り無事Ubuntu Serverが起動しました。